柿づくり体験 の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2011/09/17 渋抜き講習会~柿づくり体験~
9月17日、柿づくり体験の渋抜き講習会を開催しました。ここ2、3日で柿の色が一気に着いてきました。まさに柿色です。昨年は春先の凍霜害で実着きが悪くなりましたが、今年は落葉病にかかっている樹が多いものの、豊作です最初に先生から、柿やその他の果実の美味しい食べ方、見分け方など教えてもらいました。例えば、「未熟なキウイには、腐りかけたリンゴ・バナナを一緒に入れて密封して追熟させること!」ですまた、荒れて...
2011/07/17 摘果講習会~柿づくり体験~
7月9日に柿づくり体験を行いました。今回は摘果です。梅雨も明け、実も随分大きくなりました摘らい同様、大きくて立派な果実を秋に収穫するための作業。最初に先生のお話を聞いてから各担当の樹に分かれ作業を行いました。  また、実が大きくなるとその重みで樹が折れてしまうので、支柱立ても行いました。収穫まであと3か月足らず。美味しい柿がたくさん採れますように...
2011/05/08 摘らい講習会~柿づくり体験~
今年度最初の「柿づくり体験」の講習会を行いました。作業は、「摘らい」。つぼみを摘み取る作業です。今年は4月になっても気温が上がらず平年より1週間近く生育が遅れていますが、順調に育っています。いつものように、最初に先生の講義を聴きます。  「摘らいは、貴重な貯蔵養分を無駄に消費させずに、果実を肥大させるのに重要な作業。毎年おいしい果実を採るためには欲張らずに、思い切って摘らいを!子育てと同じで愛情持...
2010/11/28 せん定講習会~柿づくり体験~
11月27日、柿づくり体験のせん定講習会を実施しました。今年の収穫も終わり、来年に向けてのスタートですせん定は、来年の収穫だけでなく、今後の樹作りに最も重要な作業です。先生のわかりやすい説明にみなさん熱心に耳を傾けました  説明を聞いた後は、それぞれ担当の樹にわかれて作業をしました。聞くのと実際にやってみるのとは違います。春に芽がふいて枝葉が伸びて実がついてとイメージして、切っていきます。なかなか切る...
2010/09/11 渋抜き講習会~柿づくり体験~
9月11日に柿づくり体験「渋抜き」講習会を開催しました。しかし、今年は写真のようにまだ柿が色づいてませんなぜかというとこの残暑が原因。柿は温度が下がらないと色がつかないんです。で、今回は渋抜き方法だけ教えてもらって、今後収穫して、参加者それぞれがやってもらうことになります。ます先生に、渋柿や甘柿の種類、なぜ渋いのかなどお話を聞き、その後、持ってきていただいた渋柿を使って渋抜き方法を教えていただきま...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


渋抜き講習会~柿づくり体験~

9月17日、柿づくり体験の渋抜き講習会を開催しました。
ここ2、3日で柿の色が一気に着いてきました。まさに柿色です。
昨年は春先の凍霜害で実着きが悪くなりましたが、今年は落葉病にかかっている樹が多いものの、豊作です
最初に先生から、柿やその他の果実の美味しい食べ方、見分け方など教えてもらいました。例えば、「未熟なキウイには、腐りかけたリンゴ・バナナを一緒に入れて密封して追熟させること!」です
また、荒れていたこの柿園をどういう方針で復活させていったのかなど、私たちも気づいていなかったことも教えていただき、有り難かったです
s-P1030968.jpg  s-P1030969.jpg
初めて参加の方もいらっしゃるので、渋抜きの実演です。収穫後の焼酎で渋抜きする方法と樹上で固形アルコールで渋抜きする方法。それぞれポイントとなる点がたくさんありました。
s-P1030973.jpg  s-P1030976.jpg
講習の後は、参加者が担当の樹で収穫です。思っていた以上にたくさん成っていて驚きですきちんと摘らいや摘果をしたつもりなんですが、もったいない気持ちがあるのかなあ・・・
s-P1030979.jpg  s-P1030980.jpg
参加者皆さんが、上手に渋を抜いて美味しくいただけることを期待しています。
あとで感想を聞くのが楽しみです



スポンサーサイト

摘果講習会~柿づくり体験~

7月9日に柿づくり体験を行いました。
今回は摘果です。梅雨も明け、実も随分大きくなりました
摘らい同様、大きくて立派な果実を秋に収穫するための作業。最初に先生のお話を聞いてから各担当の樹に分かれ作業を行いました。
s-P1030859.jpg  s-P1030857.jpg
また、実が大きくなるとその重みで樹が折れてしまうので、支柱立ても行いました。
収穫まであと3か月足らず。美味しい柿がたくさん採れますように


摘らい講習会~柿づくり体験~

今年度最初の「柿づくり体験」の講習会を行いました。
作業は、「摘らい」。つぼみを摘み取る作業です。
今年は4月になっても気温が上がらず平年より1週間近く生育が遅れていますが、順調に育っています。
いつものように、最初に先生の講義を聴きます。

s-P1030748.jpg  s-P1030751.jpg
「摘らいは、貴重な貯蔵養分を無駄に消費させずに、果実を肥大させるのに重要な作業。毎年おいしい果実を採るためには欲張らずに、思い切って摘らいを!子育てと同じで愛情持って樹に接して。」と先生からお話がありました
講義の後は、各自担当の樹に分かれて作業です。

暑い一日でしたが、楽しく作業できたと思います秋に向けて順調に育ってくれますように。


せん定講習会~柿づくり体験~

11月27日、柿づくり体験のせん定講習会を実施しました。
今年の収穫も終わり、来年に向けてのスタートです
せん定は、来年の収穫だけでなく、今後の樹作りに最も重要な作業です。
先生のわかりやすい説明にみなさん熱心に耳を傾けました
s-P1030442.jpg  s-P1030446.jpg

説明を聞いた後は、それぞれ担当の樹にわかれて作業をしました。聞くのと実際にやってみるのとは違います。春に芽がふいて枝葉が伸びて実がついてとイメージして、切っていきます。なかなか切るには勇気がいりますね

柿づくり体験、まだ募集しています。ご興味ありましたら、左のメールフォームからなんなりとお尋ね下さいね


渋抜き講習会~柿づくり体験~

9月11日に柿づくり体験「渋抜き」講習会を開催しました。

しかし、今年は写真のようにまだ柿が色づいてません
なぜかというとこの残暑が原因。柿は温度が下がらないと色がつかないんです。
s-P1030320.jpg

で、今回は渋抜き方法だけ教えてもらって、今後収穫して、参加者それぞれがやってもらうことになります。
ます先生に、渋柿や甘柿の種類、なぜ渋いのかなどお話を聞き、その後、持ってきていただいた渋柿を使って渋抜き方法を教えていただきました。
大きな袋に、柿を入れて・・・・。軟らかくならず、きれいに渋が抜けるポイントも。体験参加者だけの秘密にしておきます
s-P1030319.jpg  s-P1030323.jpg

樹に実を付けたまま渋を抜く「樹上脱渋」も実習しました。少し手間ですが、これだと軟らかくならずサクッとした歯触りで食べられます。
s-P1030327.jpg

今年の「柿づくり体験」の講習はすべて終わりました。
来年も引き続き行う予定です。参加者募集中です。私たちといっしょに美味しい柿づくりをされたい方は、左記メールフォームからご連絡下さいね




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。